アバナ

今での薬のいいところ取り

アジア人向けに開発された


バイアグラが誕生してこれまでにバイアグラをはじめとしたレビトラ・シアリスというのが世界中で3大勃起不全治療薬有名ですよね。

しかし、だからといってこの三つだけが勃起不全治療薬として作られているというわけではありません。

色々な改善をしながら新しい薬が作られているのですが、その中でも今次世代の勃起不全治療薬として注目を浴びているのがステンドラ(アバナ)と呼ばれる薬です。

このステンドラと呼ばれている薬は今までに発売された勃起不全治療薬のいいところ取りと呼ばれていて特にアジア人体型に合わせて当初日本の会社が作りそこから製薬会社ヴィヴァス社に渡りアメリカで販売されました。

日本では全然普及していない勃起不全薬なのですが、なぜならステンドラは日本ではまだ未承認の治療薬だからなのです。

やはり日本では承認されないと中々広まりませんよね。病院界隈で今度新しい薬が発表されるという情報が出回るかもしれませんが、中々その分野専門の医師とかではない限り情報が出回ることはありません。

ですが今は医薬品個人輸入代行サイトのおかげでどんどん知名度が高くなってくるのではないかと言われています。

今最も注目されているステンドラは日本では承認さえされていませんが、世界ではもうステンドラのジェネリック医薬品アバナが発売されているほど進んでいます。

とはいえアバナを製造しているのはジェネリック大国と言われるインド国のみですが、どんどん注文する人が増えています。

アバナの特長としてはやはりレビトラのような即効性とシアリスと同じように食べ物の影響を受けないという薬です。

レビトラのような即効性はいざ性行為にいたるという場面ですぐに使えるので便利だし、少しでも食事の影響を受けないというのがありがたいという人はいますよね。

そういった人にはおすすめできるのがアバナなんです。

薬の効果時間も空腹時なら服用から15分で効果を発揮して最大6時間と効果も持続するので安心して利用することが出来ます。

アバナは基本的に【100mg】で販売されていることが多いです。

なぜアジア人向けに作られたのかというやはり日本の製薬会社が作っていたということと、そしてこれから先アジア人の人口が増えていくということで作られたのではないかと推測できます。

やはり即効性があって食事の影響を受けないという点では非常に優れた勃起不全治療薬といえるでしょう。例えば普段はレビトラを使用していたけれどついついデート中に食べ過ぎてしまったとなったらレビトラの薬の効果は期待できないですよね。

しかし、アバナの場合はデート中で食べ過ぎてしまったとしてもシアリス並に食事の影響を受けないので安心出来ますよね。

特定の夫婦でもついついイチャイチャしていたら盛り上がってきたときでもアバナを使えば即効性があります。

まだまだ日本での認知不足は否めません。

ですが、だからこそ早めのうちに試して服用して効果が実感できればジェネリック医薬品のアバナを使用しておけば問題ないと言えるでしょう。
>>アバナ正規品を購入したい方はこちら<<

サイトメニュー

↑ PAGE TOP