勃起不全になる原因とは

勃起不全は病気のサイン

年をとったのが理由ではない


あれ?ここ最近性行為をするときにうまく勃たないとか途中で中折れしてしまうことが増えてきてもしかして自分って勃起不全になっていない?

って思うようになって今思えば勃たないことが増えてきたなって当てはめていったらやっぱり勃起不全になってしまったということでショックを受けた人もいるでしょう。

もう年だからかなって自虐的になっている人もいるかもしれませんが、勃起不全になる原因というのは年齢が原因というわけではありません。

もちろん年齢を重ねれば性的欲求がわきづらくなることは間違いありませんが、それでもいざ性行為をする!ってなった時に勃起をしないというのはやはり勃起不全になってしまったと考えるのが妥当です。

決して年齢のせいだけにしないようにして欲しいですし、むしろ勃起不全になる原因として年齢が原因というのは第一の原因ではないのです。

むしろ病気のサインだと思ってください。ここではなぜ勃起不全になってしまうのか要因を紹介していきます。

まず勃起不全になる原因として体内の血流が悪くなってしまうことで十分に陰茎部分に血流が集まらなくなってしまうことで起こります。

そのため血液の流れが悪くなる糖尿病だったり、高血圧症、脂質異常症によって起こってしまいます。

この糖尿病などによって血液がどろどろになってしまうのが原因と言われています。

他には事故によって陰茎部分を手術したりして神経が傷ついてしまったことで勃起不全になったりもします。

また現代社会で増えている勃起不全の原因として過度なストレスによって起こってしまうこともあります。朝から晩まで働いても安い給料で働かされてしまっているという人は多いです。

先行きの見えない将来への不安だったり、会社で言われる厳しい言葉などで精神的に疲れてしまって性行為をする気分にすらなれずにそのまま勃起不全へとなってしまうのです。

仕事における過度なストレスが原因となってうつ病とかになってしまうとなってしまいます。

若い人が勃起不全になってしまう要因としては性行為をするときに女性からHが下手ねとか全然気持ちよくなかったとか心無い一言を言われたことに傷ついてしまって性行為をすること自体に恐怖心を覚えたり、また相手に嫌な言葉を浴びせられてしまったらどうしようとか考えてしまって行動できないケースです。

若い時に言われた一言というのは意外と後になっても尾を引くので性行為をすること自体に嫌な気持ちになってしまい性行為をすること自体に興味が沸かず勃起不全になってしまいます。

勃起不全になってしまったのは性欲が薄れたとかではなくて体内から発信されるシグナルともいえます。是非とも勃起不全と侮るのではなくてまずは病院に行ったり、ネットで調べるようにしましょう。

サイトメニュー

↑ PAGE TOP