一般年収と変わらない

出演する価値の低下

ここ最近は出演すればお金が稼げるというわけではなくなってきました。どんどん出演料が下がっていっているのが現状で今まで見たいただ出ればお金がもらえるという考えはなくした方がいいと思います。

今はあまりにも多くの女性が出演してしまっているためにどんどん求められるハードルは上がっているのにもかかわらず出演料が下がっているデフレ傾向になっています。

やはり昔のように貞操観念が強かった時代ではなくて女性も生きていくためにはこういった夜の仕事に就かないとならないと割り切っている人もいるようですがそういった人が増えたからこそともいえます。

見る側からしてみれば沢山の女性を色々と見れるということで満足できるかもしれませんが、出演している方はたまったものではありませんよね。

まだ単体で人気がある女優はいいかもしれませんが、企画ものだったり名前が出ていないものに関してはぐっと下がってしまいます。また出演すればするほどその価値というものはぐっと下がってしまうものですからどうしても出演すればするほど飽きられてしまうのが現状です。

多くの女性が一年以内に去っていってしまいますが、その理由としてはやはり出演するに対して見合った金額が支払われないからこそ出なくなってしまいます。

本当に活躍しているのは一部の人だけでほとんどの人はかなり値段を下げられてしまっているのですから出来ることならばどうしてもお金が必要で困窮している状態でなければ安易に出演しない方がいいでしょう。

出演するまでは誰だってよくお世話してくれますし、必ず成功すると後押しをしてくれると思います。それでも毎年何万人と言われるぐらいの新しい人が入ってくるのですから当然競争率はどんどん高く生き残っていくのはかなり難しくなるのです。

安易に入ろうとは思わないようにしましょう。年収で考えたら普通のサラリーマンと変わらないという人も珍しくありません。