ICI療法

自分で陰茎に注射する

早漏の人にも効果を発揮する


バイアグラやレビトラやシアリスといった勃起不全治療薬は非常に高い効果をもたらします。

実に被験者の80%以上が効果を実感すると言われていて本当に多くの人を救ってきた治療薬だからこそここまで世界中に広まったといっていいでしょう。

しかし、残念なことに20%の方が効果が現れないということでもありますし、そもそも持病を持っていて勃起不全治療薬が使えないという人もいます。

勃起不全治療薬が使えないというのであればもう性行為は諦めるしかないのか?と言ったらそうではありません。

勃起不全に対する最後の砦と言われて日本で実際に使われている療法がICI療法です。

ICI療法というのは中々聞きなれない言葉ではあるかと思いますが、直接陰茎海綿体に専門の医者が配合した薬剤を注射します。

注射をしたら大体10分前後で効果が現れ始めて30分後に勃起へと至ります。実に被験者の98%が効果を現れたということで勃起不全治療薬が効かない人からしてみればまさにありがたい治療法ですよね。

とはいえ直接針に注射するということに抵抗を覚えるかもしれませんが、針は髪の毛ほどしかないので多少チクットする程度ですし、最初は専門の医者に実技をしてもらって注射をしてもらえます。

二回目以降は自分でする必要がありますが、すぐに慣れるので安心して利用できます。

ですがあまり日本でICI療法が知られていない原因としてはやはり実地している病院が少ないということと、一回使うごとに平均10,000円ほどかかるという点です。

勃起不全治療薬が平均1,000~1,500円程度だとすると簡単に言えば10倍ほどかかるので金銭的負担を強いられてしまうという点です。

またICI療法は性的興奮関係なくて強制的に勃起へと至るので感度が大幅に鈍るということも頭に入れておかなければいけません。

早漏対策の1つとしてICI療法が使用されるケースもありますのでいつもよりも感度が鈍くなるということも頭にきっちり入れてから利用してください。

この3つにより中々広まっていないですが、あくまでも最終手段として覚えておきましょう。

サイトメニュー

↑ PAGE TOP