レビトラ

最短20分で効果が現れる

1錠は常に携帯をしておこう


バイアグラの次に発売されたレビトラはあの世界で最も有名な勃起不全治療薬の次に発売されたということもあって発売前から多くの人が注目をしていました。

先進医療国のドイツのバイエル社から発売されたということもあってから信頼されている勃起不全治療薬です。

オレンジ色の円形の外形をしていて2001年に厚労省から申請をしてそれから3年後の2004に発売されました。

レビトラの規格はシアリスと同様に【5mg、10mg、20mg】の3つが日本の病院でも処方されているのですが、レビトラの20mgに関しては2007年の7月に発売されたということで2001年に申請されてから実に6年間かかって3つの規格が揃ったのです。

レビトラの名前の意味は男性の生命という意味合いが込められて名づけられたのです。

あまり知られてはいませんが、レビトラのパッケージの火のマークがありますが、これはマッチのようにすぐに燃えるという意味でレビトラはすぐに燃えるつまり、すぐに効果が現れるという意味で火のマークが用いられたのです。

バイアグラは時間の調整などが難しく逆算して考えないといけませんでしたが、レビトラとバイアグラの違いはその即効性にあるのです。

服用してから最短20分で効果が現れ始めるということで、咄嗟の性行為にいたる時でも十分に間に合うのです。

例えば付き合いたてでいつ性行為をすることになるのか分からない状況でホテルに向かうことになっても部屋に入って女性がお風呂に入っているときにレビトラを服用しても間に合うのです。

レビトラの特長でもある即効性があるのはレビトラは有効成分としてバルデナフィルを含有しており、バルデナフィルは水に溶けやすい性質を誇っています。

このためバイアグラよりも胃の中ですばやく溶けて早く効いてくるのです。

よくあるのがバイアグラが早く効いて欲しいと思って細かく砕いて飲み込もうとしている人が多いですが、あまり効果がないのです。

ただ単に薬の苦い部分だけが残ってしまいますので形状をそのままにして服用するようにしましょう。

レビトラのバルデナフィルとバイアグラのシルデナフィルはほとんど分子構造が同じですが、この即効性という点が他の勃起不全治療薬にはない魅力と言えるでしょう。

もちろん即効性があるからといって持続時間が短いというわけではありません。きちんと最大10時間もの効果があります。

例えば付き合いたてともなれば何度も性行為をしたくなってしまう人もいると思いますが、十分すぎるほど効果は長続きすると思います。

シアリスのように特定のパートナーがいないという人や家ではなくてホテルなどでする事が多いという人は常に1錠は携帯しておきたい勃起不全治療薬といえるでしょう。

食事の影響はバイアグラほどではないですが、食事の影響は受けます。

大体700kcalいないであれば効果は実感できるとされていますが、どうしても薬を服用する前に食事をした場合は影響を受けるので、出きる事ならば空腹状態で服用するのが望ましいでしょう。

とはいえデートの後にホテルに行くというケースも珍しくないのでどうしても食事をせざるを得ないという時はなるべくお酒で飲むようにしてカロリーが少なく脂質のないものを選びましょう。

きゅうりやナス漬物だったり豆腐やキムチ、枝豆などをつまみにして性行為が終わったら食事を摂るようにしましょう。

他の勃起不全薬にはない即効性があるというのは所持さえしていればいつでも対処できるというのがレビトラの魅力ですから1錠もつだけで安心感があります。

部屋の中でイチャイチャすることもあって性行為をする流れになってもシアリスだったら効果が発揮されるまでに時間がかかりますし、バイアグラでも1時間はかかりますよね。

今すぐしたい!と思ったときに役立つのがレビトラですから心強いと思います。
>>レビトラ正規品を購入したい方はこちら<<

サイトメニュー

↑ PAGE TOP