勃起不全治療薬による妊娠や胎児への影響

不妊治療の現場でも使われる

妊活中に勃起不全になる人は多い


付き合って結婚をしたけれどしばらくは夫婦生活を楽しみたいと考えてしばらく経ってからいよいよ妊活をしようと思っていたり最初からあまり気にせずにできたらいいなぐらいだったけれど全然出来ないからきちんとした妊活をするといった色々な夫婦生活があると思います。

子供は授かりものでタイミングがありますが、本格的に妊活を始めることになって不妊治療専門医に話を聞いてまずは排卵予定日に合わせてしっかりと性行為をするように意見がされます。

不妊治療ではまずは最初に排卵日に性行為をするように言われるのですが、肝心な妊活のときに旦那が勃起不全になってしまうということが割りと多いのです。

というのはやはり今まで男性はその時の気持ちの高ぶりによってムラムラきて性行為へと発展するのですが、強制的に行うとなると気持ちも多少入りづらいですし、作業的に感じてしまうものです。

またどんなに疲れていても性行為をしなければいけないということで無意識のプレッシャーとなってしまいいつのまにか苦痛になってしまうという人もいます。

女性からしてみればどうしても年齢を重ねれば重ねるほど妊娠しづらくなってしまう中で親からのプレッシャーだったり、知人や友達から子供は言われるわけです。

毎回同じ言葉を言われつづけてしまったら気が滅入ってしまいますし、生理が来るたびに絶望するようなショックやいつできるんだろうと不安に陥るのですから男性はせめて最低限性行為をしてほしいと思ってしまいますよね。

そんな時に処方されるのが勃起不全治療薬なんです。

これがあればきちんと性行為が出来るようになりますし、最後まで射精へと至るので決められた日であろうとも性行為をすることは出来ますよね。

でも心配なのが治療薬を使って大丈夫なの?妊娠できるの?胎児に影響はあるの?って考えますよね。

安心してください。あくまでも勃起不全治療薬というのは血管を広げて血流を良くする薬です。ですから精子に異常が出たり、至急に影響を与えるというものではありません。

不妊治療専門医が今まで勃起不全になったことがない人でも念のために即効性のあるレビトラなどを処方することもあります。

これまでに勃起不全治療薬が原因で胎児に影響があったという事例もないです。

とはいえ不安になる気持ちも分かりますので直接話を聞いて相談をしましょう。

サイトメニュー

↑ PAGE TOP