バイアグラ

知名度が抜群

世界中の勃起不全で悩む人を救っている


世界で始めて勃起不全治療薬として販売されたのがバイアグラです。

これまで勃起不全になってかかってしまったらもう諦めるしかなかったので満足に性行為ができない状況になってしまいました。

性欲はあってもきちんと勃つことが出来ない男性は辛い思いをしてきました。それが勃起不全治療薬が誕生したことによって多くの人が救われた薬でもあります。

それこそ勃起不全に悩んでいなかった人でもバイアグラという名前が知れ渡っているぐらいであり、日本中のみならず世界中で名前が知れ渡っている世界で最も有名な薬の1つではないでしょうか?

1つの商品名が世界中で知れ渡っているということはないですよね。男性のみならず女性の方も名前が知っています。

それだけ多くの人が潜在意識的に恐怖感や注目しているということでもあります。

バイアグラが発売される前から色々な媚薬効果があるものや食事改善をすることで徐々に勃起不全を解消することにつながって療法がありましたが、食事改善は効果が現れてくるまでに時間がかかったり、まがい物の怪しい薬などが発売されて効果があまり現れなかったりしていましたが、バイアグラに関してはきちんとした用法容量さえ守ればその日から性行為が出来るということもあって世界中で注目されていたのです。

バイアグラが誕生したのは1998年でアメリカのファイザー社から誕生しました。ファイザー社といえば今もなお全世界の医薬品メーカーのトップ3に入る力を持っているほどの世界のトップ企業です。

バイアグラの誕生秘話で面白いのが最初から勃起不全治療薬として開発が進んでいたのではなくて当初は狭心症の薬として開発が進んでいたのですが、開発が思うように進まずに遂に開発中止が下されました。

被験者の方に薬を返してもらうように伝えたところ返すの渋る人が多く理由を聞いてみると性行為の時に今まで中々勃たなかったり、中折れすることが多かったのがきちんと勃起をして長続きをするようになったという意見が多数あって調べてみたところ勃起不全をサポートする役割があることが分かって勃起不全治療薬として開発が進んだのです。

バイアグラが誕生したら瞬く間に世界中で注目を浴びましたが、日本ではまだ販売がされなかった為に個人輸入業者を介して取り寄せたのですが、ただ媚薬効果があるんでしょ?などの正しい知識がないまま、用法容量を守らずに過剰摂取したりしたため心肺停止になってしまうほどの事例が出てくるようになりました。

これを重く受け止めた日本は早急にバイアグラの製造販売を承認して、異例中の異例とも呼ばれる半年ただずのスピードで認可されて1999年の3月に販売されるようになりました。

日本は承認から販売まで全てが時間がかかるのですが、いかに要望する利用者が多かったかが分かりますよね。

バイアグラは男性だけではなくてパートナーとなる女性もやはり性行為が出来ない状況に不満を抱いていた方も多いので女性からも感謝されて夫婦生活を改善してくれたまさに夢の薬というものです。

バイアグラの規格も3種類で【25mg、50mg、100mg】であり、有効成分のシルデナフィルの含有量によって規格が分けられています。

ただし、日本の病院で処方されるのは【25mg、50mg】の2つだけです。

バイアグラの100mgを試したいと思ったら医薬品個人輸入の代行サイトを利用するようにしましょう。

シアリスやレビトラは【5mg、10mg、20mg】ですので含有量に違いあるので注意が必要です。

バイアグラは食事の影響を非常に受けやすいので空腹時に服用するのが基本です。空腹の状態であれば成分が身体の中に吸収されやすいですし、効果も実感しやすいです。

薬の効果が現れるようになるのは服用してから1時間ほど現れます。

薬の持続時間も最大6時間ほど効くので性行為をするのは十分でしょう。

一番最初に勃起不全治療薬として開発されてその後にもレビトラやシアリスといった新しい薬も誕生しましたが、今もなおバイアグラじゃなきゃダメという人もいますよね。

個人によって薬の相性が違いますし、バイアグラに慣れてしまっている人からしてみれば未だに長く利用している人が居ます。

バイアグラは世界中で今もなお多く人が使用しているのですが、やはり有名な薬だからこそ偽物も多くで出回っている現状があります。

偽物はパッケージも似ていたり、錠剤の形状も似た形を作っています。

特にインターネット上では偽物の薬が多く出回っているのですが、その中でも日本への偽物の薬が多く入ってきています。

個人輸入で気軽に手に入り、利用者が増えてきているからこそ騙されてしまう人も増えてきています。中でも個人輸入を利用する人の多くは勃起不全治療薬を購入することがほとんどですのでバイアグラを個人輸入する際には正規品を扱っている大手サイトを利用するようにしましょう。

>>バイアグラの正規品を購入したいからはこちら<<

サイトメニュー

↑ PAGE TOP